結婚指輪ってどっちの手のどの指につける?男性と女性違いがあるのか解説!

ご結婚、おめでとうございます。私はウエディングプランナーとして、多くのご新郎ご新婦様のご結婚式のお手伝いをしてきました。

結婚が決まり、結婚指輪を買わなきゃ!と思われている方もいらっしゃると思います。

ふと、結婚指輪って左右どっちの手につけるんだっけ?どの指につけるんだっけ?と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本日は結婚指輪についてご紹介致します。

目次

結婚指輪は左右どっちの手につけるの?どの指につけるの?

結婚指輪はどっちの手につけるかというと、左手の薬指につけます。

理由としては、古代ギリシャの習慣から、心臓は感情を司る場所と言われており、その心臓に繋がる血管が左手の薬指だと考えられていました。

左手の薬指は心に繋がる大切なところだったのです。
その左手の薬指に結婚指輪をはめることで、「相手の心を強くつかむ」と考えられてきました。

そして近代でも永遠の愛を誓う意味を持ち、左手の薬指に結婚指輪をはめるようになりました。

結婚指輪は男性女性問わずつけるの?

結婚指輪は基本的には結婚をした夫婦のかたちとして、男性も女性もつけることが一般的です。もちろん、結婚指輪をつける場所は男性も女性も左手の薬指です。

もともとアクセサリーをつけることが苦手な男性や、どうしても仕事柄アクセサリーをつけることが出来ない方女性の方もいらっしゃると思います。

結婚指輪は必ずしもつけないといけないものではありません。

結婚指輪を普段つけることが出来ないからという理由で、結婚指輪ではなく、時計やネックレスなど、他のアクセサリーで代用されるカップルもいらっしゃいます。

結婚指輪を買うときには、お互いに常につけておけるのか、必要性はあるのかを確認し、購入されても良いかもしれませんね。

どうしても結婚指輪を左手の薬指につけたくない!という方は、左右どっちの手でも、好きな指に結婚指輪をつけても良いと思います。

その場合は、指によってもサイズが変わってきたり、表上の意味合いも変わってきたりするため、お互いに意思確認はされても良いかもしれません。

結婚指輪は結婚式のときにつけるの?

結婚式では、挙式のセレモニーの中に、「指輪の交換」というものがあります。

意味としては、お互いの「愛の誓い」を目に見えるかたちで、参列者の方々に見守られながら永遠の証しとして行う儀式です。

最初に新郎が新婦の結婚指輪を取り、左手の薬指にはめ、その後、新婦が新郎の結婚指輪を取り、左手の薬指にはめます。

よくご新郎ご新婦様から、「結婚指輪は結婚式までつけない方がいいですか?」という質問をいただくことがありますが、ご入籍済みであれば、つけていても、つけなくても、どちらでも良いと思います。

ただ、どうしても指輪は日常生活をしていると傷がついてしまうこともあるため、ピカピカのきれいな状態で結婚指輪の交換をしたい場合は、結婚式の時まで、結婚指輪をつけることを待っていても良いかもしれませんね。

結婚指輪を購入したお店にもよりますが、結婚指輪のアフターサービスで、磨き上げを行ってくれるところも多いと思います。

無事に入籍が済み、結婚指輪を普段から使っていても、結婚式直前に磨き上げのサービスをしてもらうことによって、結婚指輪もキレイな状態で結婚式に臨むことが出来るため、そういったサービスを利用されるカップルも多いです。

ただ、磨き上げにも数日から数週間かかる場合があるため、遅くとも結婚式の1か月前には磨き上げの仕上がり期間を確認しておく必要があります。

結婚式に結婚指輪が間に合わないとなると、大問題ですからね。

結婚指輪はどっちの手にはめるもの?【まとめ】

結婚指輪は左右どっちの手につけるかというと、左手の薬指にはめます。

昔から心臓に繋がる血管が左手の薬指だと考えられていたため、現代でも左手の薬指につけるようになりました。

結婚指輪をつける場所は男性女性問わず、左手の薬指にはめるようになります。

結婚指輪を初めてつけるタイミングは、入籍後すぐでも、結婚式の時でも、どちらでも良いです。

結婚式よりも早めに結婚指輪をつける場合は、結婚指輪を購入したお店でのアフターサービスで指輪の磨き上げを行っているところが多いです。

必ず結婚式当日に結婚指輪が間に合うように手配を行い、結婚式当日にはキレイに磨かれた結婚指輪で臨むようにされると気持ちもされに引き締まって良いと思いますよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次